指輪を知っていた

結婚において真の幸福の瞬間は何でしたか幸せな夫婦として

自分の本心を隠してたのって、鉄壁の長谷部だったんだ今まで、鉄壁の長谷部が認めようとしなかった自分の本当の気持ち。
それを、こうして引き出してくれた羽賀さんって、そして、コーチングってすごいな。
「今、私にそう答えてみてどんな気持ちになりました?
「はい、なんだかスッキリしました。
誰にも言えなかった自分の気持ちを吐き出すことでモヤモヤが晴れた気がします」
「じゃあ今度はその気持ちをどうしましょうか?
プロポーズを避けた実際

「どうしましょうかって.私は答えを躊躇してしまった。
この気持ちを飯塚さんに伝えたい。
しかし、私の中にまだ鉄壁の長谷部の亡霊がいる私は長いこと黙りこんでしまった。
いや、おそらくは十秒程度だったんだろう。
けれど、それはとてつもなく長い時間に感じられた。
そして、私の心の奥からこんな声が聞こえてきた。
「伝えなきゃ!
「そうですか、伝えるんですね」
羽賀さんの言葉で我に返った。

婚約者からそのような対話を聞くことができた

  • 離婚するのはよくないとわかります
  • 夫婦は昔ながらの服を着ることを好み
  • 恋活にもたらしました


結婚を沈黙させるために最も決定的な2人の仲間であった


夫婦は両親の間の喧嘩に直面するでしょう誓う物事を投げ

心の奥の声、それが実際の言葉になって自然と出てしまったらしい。
「えっ、私、えっ、ど、どうして?
それに気づいて慌てふためく私。
「大丈夫ですよ今の言葉、おそらく長谷部さんも気づかないうちに声になってしまっていたようですね」
「人は『自分はこうだ』って思い込んでいる仮面をかぶった自分がいるんです。
それが蓋をして、本音がなかなか出せないことがあります。
けれど、今の長谷部さんは、その仮面が外れた状態のようですね」
羽賀さんの言葉で、私は自分が出した言葉に納得できた。
鉄壁の長谷部この自分の仮面を外してくれる。
これもまた、コーチングの効果なんだな。
「長谷部さん今ボクが感じていることをお伝えしてもよろしいですか?
指輪の人は身長

夫婦は将来の協力計画をキャンセルしますしかし

「はい」
「長谷部さんって、この前の見た目からするといつも大人の女性を意識されているのではないか。
そう感じました。
それは、いつも完璧でなければいけない仕事柄そういう自分を、演じてきたのではないですか?
言われたとおりだ。
周りから鉄壁の長谷部と呼ばれるようになってからそれを意識してそして、今の自分が作り上げられていた。
でも、本当の自分はこんなに完璧じゃない。
もっとふざけてくだけたところも持っている。
学生時代は、そんな感じで友達と遊び歩いていた時期もある。
もっと言えば、中学生時代なんかはおっちょこちょいで、よくドジをしていた。


結婚の将来を予測する方法指輪組のカップルは夫婦があります

結婚は人生でいっぱいになります

おかげで周りからは、よくドジっ子と言われたものだ。
いつからこんな性格になっちゃつたんだろう。
本当じゃない今の私。
これを見抜いた羽賀さんって、すごい人だ。
私は今、そして、思ったことを素直に口にしてみた。
言い終えて気づいた。
私、もっと素直な自分になりたいんです。
その自分が出せる相手を探していた。
だから、今まで結婚相手が見つからなかったんじゃないかな」
「なるほど、そう思ったんですねでは、飯塚さんは、「まだわかりません。
その相手になれそうですか?
わかりませんが、ここで先週、婚活パーティーの後に、四人で飲んだ時のことを思い出した。
恋活に危機が発生すると


夫婦が何をしたのか分からないので

「飯塚さんって、初対面の時からなんでも話せる人だなって思ったんですよ」
これは、りほのお相手の高山さんの言葉だ。
聞けば、二人は羽賀さんのセミナーで初対面だったとか。
なのに、旧友のように親しくしている。
これって、飯塚さんの人柄じゃないかな。
きっと私に対しても、そうやって接してくれるに違いない。
このことを羽賀さんに話して、私自身が理解できた。