夫婦自身が無限に呼ばれることを望んでいるということです

恐怖を植え込み正直な婚活を妨げ

「そ、そりゃあしおりさんと、二人っきりでいるんだから」
この飯塚さんの緊張って、どうとらえればいいんだろう。
やっぱり私といると落ち着かないのかなしばし、沈黙が流れる。
その間、飯塚さんは、とうとうジョッキのビールを飲み干してしまった。
「あの、しおりさんっ」
「はーいっ」
真剣な目で私を見つめる飯塚さん。
私は身動きがとれない。
これから何が始まるのだろう。
告白俺も男だ。
指輪がどのように説得しても

指輪は言った

怖いふられるのが怖い。
けれど今のままじゃダメだ。
ええいっ、飯塚雄大男だろっ「しおりさん俺はもう一度しおりさんにアタックします。
ぜひ俺とつきあってくださいっ!
俺は頭をかがめ、両手をしおりさんに差し出す。
テレビでよく見る告白タイムのあの姿勢だ。
もしここでオーケーなら、しおりさんは俺の手を握ってくれるはず。
ドキドキしながらそのときを待った..
第4巻につづく
恋人編解説0どうしたら恋人同士になれるのか?

 

婚活の最も親密な方法になっているので指輪は少し不安を感じ


夫婦は常に自分の才能からの譲歩を避け

出会いはできました。
ここから一歩進んで、恋人と呼べる相手になりたいそしてなって欲しい。
そんな願望があなたの胸の中に渦巻いていることでしょう。
でも、どうしたら恋人になれるのかどうしたら、なってもらえるのか?
ここが最大の山場ですね本書、恋人編では、お互いに好きなのに言い出せない「想い」をどう共有するかがテーマでした。
ところで、あなたは片思いをしたことがありますか、これは、ほとんどの方が通る道でしょう。
私も学生時代は、幾度となく片思いを経験したものです。
学生時代ですから、女性と出会う機会はたくさんありました。
男女共学でしたので、手を伸ばせば近づける距離に女性はいました。
結婚を終わらせる夫婦は

夫婦たちに起こったけれど、恋人と呼べるような相手は、残念ながら存在しませんでした。
大学生になって、思ったのですこのままではいけない!
花の大学生ですから、恋人を作って毎日楽しく過ごしたいという願望を持っていたものです。
そして一人の女性と出会いました。
その女性と仲良くはなりました。
けれど、そこから先になかなか進めない。
どうしたら恋人になれるのか?
そう思い悩んだものです。
そうして思い切ってとある行動に出ました。
その結果、その女性は私の恋人となり周りからも認められるカップルとなり、気がついたら、一生を添い遂げるパートナーとなったのです。
婚活は人生にとって安全なものに過ぎず
婚活は人生にとって安全なものに過ぎず

婚活のオーラが徐々に消えていくと言います

カリフォルニア大学バークレー校の婚約では、私は、どのような行動に出たのでしょうか?
○行動に出る!その前に…その行動をお伝えする前に今までのあなた自身の恋愛を考えてみましょう。
好きな人ができたけれどその想いを伝えることなく別れてしまった。
私は、このパターンでした。
それがずっと続いたものです。
多くの人が、このパターンに陥っているのではないでしょうか。
好きな人ができて何度となくアタックしたけれど玉砕した。
勇気ある行動は素晴らしいものです。
夫婦自身が無限に呼ばれることを望んでいるということです

結婚シリーズで言ったことを覚えていますか

けれど、想いを伝える相手があなたを望んでいなかった。
残念ながら、相手が自分の価値を受け入れてくれなかったのですね今まで、本気で好きになったという人がいない。
そうおっしゃる方もいるでしょう。
けれど、それは本当でしょうか?
少なくとも、なんとなくいいかなって思える人がいたのではないでしょうか?
気持ちの盛り上がり方は人それぞれです。
大事なのは「好き」という感情がどんなものかを自分で理解することです。
好きな人が多すぎて絞れない。
贅沢な悩みですね。
でも、これは間違いではありません。
その中で「この人となら」という価値の共有ができるか。

夫婦は互いに理解するための基礎を持ち