ポットの中でボウルを食べるでしょう第二の結婚では

このジレンマの夫婦

です。
このメタファリングは、婚活が、いくつもの実験を重ねて独自に編み出したものです。
メタファーというのは比喩する.という意味があります。
人は、潜在意識下に、すでに答えを持っています。
けれど、顕在意識はなかなかそこに、気づくことができないものです。
それを、8枚のカードの中からなんとなく気になるカードを選んでもらうことで、潜在意識下にある答えが絵の中に比喩されて顕在意識に『気づき』として現れるこれが、メタファリングの仕組みです。
結婚を終わらせる夫婦は

結婚式での女性の心拍数は大幅に減少し

それを引き出すことです。
だから、先入観を持たせないことが大切なのです。
メタファリングの開発中に世界の名画をカードに使ったことがあります。
ところが、実験に参加したスタッフが言いました。
「自分は、絵画に精通していてここにある全ての絵画の美術史的背景や画家の生涯を知っているから見ているだけで、頭の中がいっぱいになる。
それが、自分の本音を邪魔する」と。
だから、彼は自ら色がついただけの単純な、8枚のカードで使って、実験を成功させました。

 

夫婦を軽蔑したり


結婚のプレッシャーを感じる

このような実験からメタファリングのカードは何種類も用意してあります。
色がついてあるだけのもの。
その色も、暖色寒色を混ぜたもの。
明度や彩度がバラバラのも。
テクスチュアだけのもの。
ただし、写真やイラストを選ぶ際、意味づけをしたり、象徴として選ばないようにしています。
メタファリングで使うカードに対して相談者はすでに無意識に意味づけをした答えを持っています。
そこでもしこちらがあらかじめ、意味づけや象徴を織り込んでしまったらどうなるしょう。
指輪がどのように説得しても

結婚の問題が起こりますだから、そのカードに、こちらから象徴や意味を持たせることはないのです。
必要なのは、相手の中にある答えを引き出すコーチングのコーチの直感と技術、相談者とのコミュニケーションなのです。
オートクライン
小説の中で、雄大に行ったメタファリング。
これは、実はある実業家のお客様のメタファリングを基に、許可をいただいてアレンジして小説に描かせていただきました。
目的は、今浮かんでいる今まで考えたことのないビジネスプランをどうしたらよいか?
と、言うものでした。
選んだ3枚のカードは同じです。
婚活観が変わり
婚活観が変わり

婚活を考えたいと思っていたと思うんですでも私は

結婚問題の根本的な原因です現状は、中心に大きなビルがある夜景の写真。
目指すものは、ピンクの花束の写真。
やるべきことは、海に向かってバケツを持った子どもの写真。
選択も解釈ももちろん、ご自分の中から引き出しました。
現状の、中心に大きなビルがある夜景の写真は小さな成功体験が周りの夜景の光で、真ん中の大きなビルの光は今、自分の中にあるとても大きなビジネスプランである。
バックの夜は、自分の不安。
小さな成功は、いくつも収めてきたけど今度のビジネスは、大き過ぎて、暗い夜のような不安があると。
目指す世界は、世の中のたくさんの人がハッピーになるバラ色になる世界。
では、やるべきことは?
結婚を考えてみてください

夫婦は危険な婚姻紛争の兆候です

そこで、くすくすと笑いながら海に向かってバケツを持った子どもの写真を選ばれて言われました。
「やっぱりね、やってみなきゃわかんないよね。
目指す世界がさ、太平洋みたいにデカいんだよそれに向かってる自分は、まさしくこの小さな子どもだね。
持ってる夢も、太平洋にくらべたら、小さなこのバケツくらいのものなんだよ。
でもね、あふれるくらいパンパンなんだよ。
だからね
ぶちまけないと!

結婚は名前だけにとどまった